交通事故で仕事を休んだぶんの補償はどのように受けられるのか?

様々な交通事故がありますが、比較的小さなものであれば特に仕事を休んだりすることもなく継続して出勤することができます。
しかし大きな怪我を負ってしまいどうしても仕事を休まなければならないといった状況の中で誰が保証してくれるのかについては、深刻に考えていかなくてはなりません。
多くのドライバーさんは任意保険に加入していますので、休業損害に関しても保険会社が支払うことになっています。

保険会社によってはどれだけ休業損害をもらえるか変わってくる

しかし、それぞれの保険会社によって休業損害についても、どれだけ保障してくれるのかが違っていますので例えば、自分自身半年以上交通事故によるけがで仕事に出られなかったといった場合であっても保険会社の決まりによっては3ヶ月分しか休業損害を受け取ることができないなどといったケースもあります。
このような話になると保険会社が決めている以上これ以上は話にならないと、ここで諦めてしまう人もいるようですが、諦めず弁護士などを通じてしっかりと必要なだけの休業損害を受け取ることができるように話し合いを進めていかなくてはなりません。
まず事故にあった加害者であっても被害者であっても仕事に出られないというのは、その分生活ができないということになってしまい、保険会社が定めている保証限度内での休業損害だけではまかないきれないことがあります。

しかしこの他にも交通事故で支払うべき保証金というのはたくさんあり、怪我の程度などによっても変わってくるのですが、ひどいけがを負ってしまい、前述の通り仕事に出られない期間が長引いてしまった場合には保険会社が定めている休業損害だけではなく、そのほかに怪我に対しての保証という形で補填してくれるようなケースもあります。
しかしこのような話し合いをするためには素人が保険会社と話し合いをしていくだけではなく、やはり専門知識を持ち、法律の部分からしっかりと食い込んでいくことができる弁護士の力が必要になるので、交通事故に強い弁護士さんにお願いをするようにしてください。

保険会社から言われたからといって諦める必要はない

保険会社から言われてしまったことだからと泣き寝入りをする必要はありません。
どうしても納得がいかない場合や、本当に自分自身の生活が出来ず困っているといった場合には、様々な方法で必要なだけの損害金を受け取ることも可能になっていますので、出来るだけの損害金を受け取ることができるように取り組んでいきましょう。
諦めてしまえばそこで終わりです。
しかし弁護士を頼り様々な話を進めていく内に少しでも支払われる金額が大きくなるというのはもちろん助かることですから、諦めないことは非常に大切な部分だといえるのではないでしょうか。

このような話に関しては、示談が終了した後、どうにかしようと思っても出来るものではありませんから、示談交渉に応じてしまう前の段階で弁護士の力を借りなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする