未成年が交通事故を起こしたらどうなるか? 事故の責任と予防について

自動車の運転免許というのは18歳以上であれば取得することができるものになっています。
18歳というのは法律的に考えればまだ未成年ということになりますが、18で免許を取ってすぐ交通事故を起こしてしまったなどといった場合には責任問題が誰にかなるのかが非常に大きな問題となってくるでしょう。
もちろん自爆事故など起こした場合であれば、本人が刑罰処分を受けることになるため事故の大きさなどに応じて運転免許証からの減点が行われることになります。

未成年が起こした交通事故は親権者や車の持ち主がとることになる

しかし被害者がいた場合の事故に対しては、未成年者に対しての責任を問うことは非常に難しくなってくるため多くの場合では、親権者となる親御さんもしくは未成年者が車の運転をしていた際の車の持ち主などと言うことになります。
やはり未成年者が運転している車の持ち主を考えた場合であっても多くのケースめ親御さんということになりますので、被害者側に対しての保証問題は親権者が請け負うことになるといったケースがほとんどではないでしょうか。
原則として日本では13歳以上の未成年であれば様々な犯罪に対しても責任があるとみなされるのですが、自動車の運転に関しては18歳以上でなければしてはいけないことになっているため、18歳から20歳までの間に事故を起こしてしまった際には親権者が責任を問われ被害者側に対しての慰謝料の支払いなどを行うことが多くなっています。

自分のこどもが起こす交通事故に備えて任意保険の契約内容はチェックしておく

保護者側が加入している任意保険で息子さんや娘さんなど、子供が車の運転をしていた際の保証もすべて補えるように契約をしていれば良いですが、そうでなかった場合には保険とは全く別の部分で被害者に対しての保証を行っていかなくてはなりませんので、経済的にとても大きな負担を抱えることになります。
そのため、未成年で自動車免許を所持するお子様がいるのであれば親御さんが加入している任意保険で補うことができるように、契約内容を変更しておくのが1番の方法だといえるのではないでしょうか。

ただし、罰則の部分に関してはもちろんご本人が責任を問われることになりますので、どのような理由で事故を起こしてしまった場合であっても、上記した通り、ご本人の免許の点数が減点されることや事故の程度によっては免許停止処分又は取消処分等になってしまうようなこともあります。
保証問題だけではなく、ご本人の免許を保持していく事を考えてもやはりしっかりと責任を持った運転をするように、親御さんが常日頃からお子さんには注意を促しておかなければなりませんが、万が一事故を起こしてしまった加害者になった時、しっかりとした保証をすることができるように保険内容の見直しをしておくことが大切になります。

法律でも守られているとはいえ、18歳以上で自動車の運転をするのであれば大人と同じような認識を持ち、しっかりとした責任を持っていなければならないことがわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする