交通事故を起こしてしまった場合の刑罰とその後の制限について

テレビ番組のニュースなどでも悪質な交通事故を放送してる事がありますが、このような悪質な交通事故だけではなく、事故を起こすつもりなどまったくない状態で起きてしまうケースもたくさんあります。
先方との話し合いが十分に行われるような状態であれば良いのですが、万が一、自分自身が加害者になってしまい被害者の方が亡くなってしまった場合には、加害者に対してどのような刑罰が下されるのかと不安で仕方がない人もいるでしょう。

悪質な運転には実刑判決が下される

任意保険に加入していて保険会社から先方への保障がしっかりと保証が行われた後には加害者側に対しての刑罰も執行猶予といった状態で決定する場合がほとんどです。
しかし万が一、加害者のご家族が足を受け取らなかった場合や悪質な運転をしていたと判断されてしまった場合には実刑判決となることもあります。
悪質な運転というのは、飲酒運転はもとより、これ以外にも迷惑行為ととられてしまうような無謀運転をしていた場合にも同じく実刑になることがほとんどのようです。
実刑になった場合であってもしっかりと刑期を終えて出所してくるのであればその後の再就職等に関しても、さほど大きなダメージを与えることもありませんが、最も重要になってくるのが刑期を迎えている期間中に運転免許証の期日が切れてしまうことになります。

自動車の運転を行うような仕事には就くことが難しくなる

刑期中に運転免許証の期限が切れてしまうと刑務所の中で更新しなければならず、このように現状の中で更新した内容が一部の方々にはわかるように記載されてしまいますので、自動車の運転を行っていくような職業に関しての就職は難しくなると言われています。
また、ご自分が被害者側のご家族であった場合には、加害者の刑罰をできるだけ重くして欲しいと思った場合には、もちろん裁判が行われる段階で保険会社にこのような気持ちを伝えることや、保険会社からの保証を受け取らず、徹底して裁判で戦っていくといった方法もあります。

被害者になってしまった場合には必ずしも実刑判決と言えばわけではありませんが、可能な限り被害者側への誠意ある対応を行い保険会社ともしっかりとした話し合いを続けていかなければなりません。
不誠実だと思われてしまうような言動を取ってしまえば、当然ながら刑罰は重たくなり実刑を受ける期間に関しても長くなってしまうような傾向にあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする